FreeBSD 日本語マニュアル検索 (jman/japropos/jwhatis)


日本語 man コマンド類 (ja-man-1.1j_5) と日本語 man ドキュメント (ja-man-doc-5.4 (5.4-RELEASE 用) など) をインストールすると、以下のような man コマンド閲覧、キーワード検索が コンソールからできるようになります。

4.11-RELEASE-K, 5.4-RELEASE-K, 5.5-RELEASE-K, 6.0-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.4-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K, 12.1-RELEASE-K は、 プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの) ですが、 より多くの翻訳したファイルが含まれています。 (5.4-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.4-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K から 12.3-RELEASE-K, 13.0-RELEASE-K から 13.1-RELEASE-K は、全翻訳済み)

9.4-STABLE-K, 10.5-STABLE-K, 11.5-STABLE-K, 13.0-STABLE-K, 14.0-CURRENT-K は現在、作成中で日々更新されています。



検索コマンド: man apropos whatis
コマンド/キーワード:
日本語マニュアル RELEASE :
セクション:
Table of Contents
名称 | 書式 | 解説 | 実装に関する注 | 環境変数 | 使用例 | 関連項目 | 歴史 | 作者
FREEBSD-VERSION(1)      FreeBSD 一般コマンドマニュアル      FREEBSD-VERSION(1)

名称
     freebsd-version -- インストールされたシステムのバージョンとパッチレベルを
     印刷 (表示) する

書式
     freebsd-version [-kru]

解説
     freebsd-version ユーティリティは、インストールされたカーネルおよびユーザ
     ランドのバージョンとパッチレベルを決定するために最善の努力を行ないます。

     次のオプションが利用可能です:

     -k          インストールされたカーネルのバージョンとパッチレベルを印刷
                 (表示) します。uname(1) と異なり、新しいカーネルがインストー
                 ルされているが、システムがまだリブートしていないなら、
                 freebsd-version は、新しいカーネルのバージョンとパッチレベル
                 を印刷 (表示) します。

     -r          実行しているバージョンとパッチレベルを印刷 (表示) します。
                 uname(1) と違って、これは、環境変数に影響されません。

     -u          インストールされたユーザランドのバージョンとパッチレベルを印
                 刷 (表示) します。これらは、構築の間に freebsd-version に決め
                 打ちされます。

     上記のオプションのいくらかが指定されるなら、freebsd-version は、個別の行
     に、最初にインストールされたカーネルバージョン、次に実行しているカーネル
     バージョン、そして最後に、ユーザランドのバージョンを印刷 (表示) します。
     どちらも指定されないなら、それは、ユーザランドのバージョンのみを印刷 (表
     示) します。

実装に関する注
     freebsd-version ユーティリティは、カーネルそれ自体が最後のパッチによって
     影響をされなかったなら、カーネルのバージョンを更新しない、freebsd-
     update(8) を使用して、最新の状態にしておかれたシステムに含まれる、非常に
     多くの場合に正確な答えを提供するべきです。

     カスタムカーネルの名前 (としたがって位置) を決定するために、freebsd-
     version ユーティリティは、``kernel'' のデフォルト値の両方で kernelbootfile 変数の定義を検索し、/boot/defaults/loader.conf/boot/loader.conf を解析する試みます。しかしながら、これらの変数のいずれ
     か、または両方が /boot/loader.rc でのような、非標準の位置で定義されている
     なら、それは正確なカーネルを見つけるのを失敗するもしれません。

環境変数
     ROOT  loader.conf とカーネルを検索するファイルシステムの root へのパス。

使用例
     現在、実行しているユーザランドのバージョンを決定するためには、次の通りで
     す:

           /bin/freebsd-version -u

     使用中の CD を使用して修理されているシステムを検査するためには、次の通り
     です:

           mount -rt ufs /dev/ada0p2 /mnt
           env ROOT=/mnt /mnt/bin/freebsd-version -ku

関連項目
     uname(1), loader.conf(5)

歴史
     freebsd-version コマンドは、FreeBSD 10.0 で登場しました。

作者
     freebsd-version ユーティリティとこのマニュアルページは、Dag-Erling
     Sm/rgrav <des@FreeBSD.org> によって書かれました。

FreeBSD 12.2                   November 14, 2017                  FreeBSD 12.2

Table of Contents

FreeBSD マニュアル検索