FreeBSD 日本語マニュアル検索 (jman/japropos/jwhatis)


日本語 man コマンド類 (ja-man-1.1j_5) と日本語 man ドキュメント (ja-man-doc-5.4 (5.4-RELEASE 用) など) をインストールすると、以下のような man コマンド閲覧、キーワード検索が コンソールからできるようになります。

4.11-RELEASE-K, 5.4-RELEASE-K, 5.5-RELEASE-K, 6.0-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.2-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K は、 プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの) ですが、 より多くの翻訳したファイルが含まれています。 (5.4-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.2-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K は、全翻訳済み)

9.3-STABLE-K, 10.3-STABLE-K, 11.1-STABLE-K, 12.0-CURRENT-K は現在、作成中で日々更新されています。



検索コマンド: man apropos whatis
コマンド/キーワード:
日本語マニュアル RELEASE :
セクション:
Table of Contents
名称 | 書式 | 解説 | 環境変数 | 関連項目 | 作者 | 警告
SDIFF(1)                FreeBSD 一般コマンドマニュアル                SDIFF(1)

名称
     sdiff -- 並べられた (side-by-side) diff

書式
     sdiff [-abdilstHW] [-I regexp] [-o outfile] [-w width] file1 file2

解説
     sdiff は、次のように 2 つの主要な部分のあらゆる違いとともに 2 つのファイ
     ルを並べて表示します: 新しい行は、`>' でマークされます。削除された行は、
     `<' でマークされます。そして、変更された行は、`|' でマークされます。

     また、sdiff は、差分の各セットでプロンプトを出して、2 つのファイルを対話
     的にマージするために使用することができます。説明については、-o オプション
     を参照してください。

     オプションは、次の通りです:

     -l --left-column
             同一の行のための左のカラムだけを印刷 (表示) します。

     -o --output outfile
             対話的に、file1file2outfile にマージします。このモード
             で、ユーザは、差分の各セットについてプロンプトが出されます。もし
             あるなら、どのエディタを呼び出すかの詳細については、下記の EDITOR
             と VISUAL を参照してください。

             コマンドは、次の通りです:

             l | 1   diff の左のセットを選択します。

             r | 2   diff の右のセットを選択します。

             s       静かなモード - 同一の行は、印刷 (表示) されません。

             v       冗長なモード - 同一の行は、印刷 (表示) されます。

             e       エディタを終了すると、outfile にマージされる空のファイル
                     を編集を始めます。

             e l     diff の左のセットでファイルを編集を始めます。

             e r     diff の右のセットでファイルを編集を始めます。

             e b     diff の両方のセットで編集を始めます。

             q       sdiff を終了します。

     -s --suppress-common-lines
             同一の行をスキップします。

     -w --width width
             各行で width 文字の最大を印刷 (表示) します。デフォルトは、130 文
             字です。

     diff(1) に渡されるオプションは、次の通りです:

     -a --text
             テキストファイルとして file1file2 を取り扱います。

     -b --ignore-space-change
             後続する空白を無視します。

     -d --minimal
             最小の diff サイズ。

     -I --ignore-matching-lines regexp
             regexp と一致している行の変更を無視します。変更でのすべての行は、
             無視される変更のために regexp と一致していなければなりません。

     -i --ignore-case
             大文字と小文字を区別しない比較を行います。

     -t --expand-tabs
             タブを空白に拡張します。

     -W --ignore-all-space
             すべての空白を無視します。

     -B --ignore-blank-lines
             空行を無視します。

     -E --ignore-tab-expansion
             タブと 8 つの空白を同じとして取り扱います。

     -t --ignore-tabs
             タブを無視します。

     -H --speed-large-files
             大きいファイルで散乱する小さな変更を仮定します。

     --ignore-file-name-case
             ファイル名の大文字小文字を無視します。

     --no-ignore-file-name-case
             ファイル名の大文字小文字を無視しません。

     --strip-trailing-cr
             同一の行をスキップします。

     --tabsize NUM
             タブのサイズを変更します (デフォルトは、8 です。)

環境変数
     EDITOR, VISUAL
             -o オプションで使用するエディタを指定します。EDITOR と VISUAL の
             両方が設定されるなら、VISUAL が、優先されます。EDITOR も VISUAL
             も設定されないなら、デフォルトは、vi(1) です。

     TMPDIR  作成される一時ファイルのためのディレクトリを指定します。デフォル
             トは、/tmp です。

関連項目
     cmp(1), diff(1), diff3(1), vi(1), re_format(7)

作者
     sdiff は、Ray Lai <ray@cyth.net> によってパブリックドメインのための 1 か
     ら書かれました。

警告
     タブは、現在のカラムに依存して 1 から 8 までの文字幅のいずれかとして取り
     扱われます。8 文字幅としてタブを扱う端末が、よく見えます。

FreeBSD 11.2                     April 8, 2017                    FreeBSD 11.2

Table of Contents

FreeBSD マニュアル検索