FreeBSD 日本語マニュアル検索 (jman/japropos/jwhatis)


日本語 man コマンド類 (ja-man-1.1j_5) と日本語 man ドキュメント (ja-man-doc-5.4 (5.4-RELEASE 用) など) をインストールすると、以下のような man コマンド閲覧、キーワード検索が コンソールからできるようになります。

4.11-RELEASE-K, 5.4-RELEASE-K, 5.5-RELEASE-K, 6.0-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.2-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K は、 プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの) ですが、 より多くの翻訳したファイルが含まれています。 (5.4-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.2-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K は、全翻訳済み)

9.3-STABLE-K, 10.3-STABLE-K, 11.1-STABLE-K, 12.0-CURRENT-K は現在、作成中で日々更新されています。



検索コマンド: man apropos whatis
コマンド/キーワード:
日本語マニュアル RELEASE :
セクション:
Table of Contents
名称 | 書式 | 解説 | 作者 | バグ報告 | COPYRIGHT | 関連項目
DIFF(1)                          User Commands                         DIFF(1)



名称
       diff - 1 行ごとにファイルを比較する

書式
       diff [OPTION]... FILES

解説
       1 行ごとにファイルを比較します。

       -i  --ignore-case
              ファイルの内容の大文字小文字の差を無視します。

       --ignore-file-name-case
              ファイル名を比較するとき、大文字小文字を無視します。

       --no-ignore-file-name-case
              ファイル名を比較するとき、大文字小文字を考慮します。

       -E  --ignore-tab-expansion
              タブ展開のための変更を無視します。

       -b  --ignore-space-change
              空白類の量における変更を無視します。

       -w  --ignore-all-space
              すべての空白類を無視します。

       -B  --ignore-blank-lines
              行がすべて空白である変更を無視します。

       -I RE  --ignore-matching-lines=RE
              行がすべて RE (正規表現) に適合する変更を無視します。

       --strip-trailing-cr
              入力時に後続する復帰 (キャリッジリターン) を取り除きます。

       -a  --text
              テキストとしてすべてのファイルを扱います。

       -c  -C NUM  --context[=NUM]
              コピーされたコンテキスト (文脈) の NUM (デフォルト 3) 行を出力し
              ます。

       -u  -U NUM  --unified[=NUM]
              一体化された (unified) コンテキスト (文脈) の NUM (デフォルト 3)
              行を出力します。

       --label LABEL
              ファイル名の代わりに LABEL を使用します。

       -p  --show-c-function
              どの C 関数に変更があるかを表示します。

       -F RE  --show-function-line=RE
              最新の行の適合 (マッチング) RE (正規表現) を表示します。

       -q  --brief
              ファイルが異なるかどうかのみ出力します。

       -e  --ed
              ed スクリプトを出力します。

       --normal
              通常の (normal) diff を出力します。

       -n  --rcs
              RCS 形式の diff を出力します。

       -y  --side-by-side
              2 カラムで出力します。

       -W NUM  --width=NUM
              多くても NUM (デフォルト 130) 印刷カラムで出力します。

       --left-column
              共通の行の左のカラムだけを出力します。

       --suppress-common-lines
              共通の行を出力しません。

       -D NAME  --ifdef=NAME
              '#ifdef NAME' で差分を表示するマージファイルを出力します。

       --GTYPE-group-format=GFMT
              同様ですが、GFMT でグループ化した GTYPE 入力を書式化します。

       --line-format=LFMT
              同様ですが、LFMT ですべて入力行を書式化します。

       --LTYPE-line-format=LFMT
              同様ですが、LFMT で  LTYPE 入力行を書式化します。

       LTYPE は `old', `new' または `unchanged' です。
              GTYPE は LTYPE または `changed' です。

              GFMT には、次を含むことができます:

       %<     FILE1 からの行

       %>     FILE2 からの行

       %=     FILE1 と FILE2 に共通の行

       %[-][WIDTH][.[PREC]]{doxX}LETTER
              LETTER のための printf スタイルの仕様

              LETTER (文字) は、古いグループは小文字で、新しいグループは次の通
              りです:

       F      最初の行番号

       L      最後の行番号

       N      行の数  = L-F+1

       E      F-1

       M      L+1

              LFMT は次を含むことができます:

       %L     行の内容

       %l     後続するすべての改行を除く、行の内容

       %[-][WIDTH][.[PREC]]{doxX}n
              入力行番号のための printf スタイルの仕様

              GFMT または LFMT のいずれかを含むことができます:

       %%     %

       %c'C'  単一の文字 C

       %c'\OOO'
              8 進コード OOO がある文字

       -l  --paginate
              ページ化するために出力を 'pr' に渡します。

       -t  --expand-tabs
              出力のタブを空白に展開します。

       -T  --initial-tab
              タブを先頭に追加sすることによって、タブを並べます。

       --tabsize=NUM
              タブストップを、NUM (デフォルト 8) 印刷カラムごととします。

       -r  --recursive
              見つけらるあらゆるサブディレクトリを再帰的に比較します。

       -N  --new-file
              空のファイルを存在するように扱います。

       --unidirectional-new-file
              最初のファイルを空のファイルとして存在するように扱います。

       -s  --report-identical-files
              2 つのファイルが同じであるとき報告します。

       -x PAT  --exclude=PAT
              PAT に適合するファイルを比較の対象から排除します。

       -X FILE  --exclude-from=FILE
              FILE 中の任意のパターンに適合するファイルを比較の対象から排除し
              ます。

       -S FILE  --starting-file=FILE
              ディレクトリを比較するとき、FILE から始めます。

       --from-file=FILE1
              FILE1 をすべてのオペランドと比較します。FILE1 はディレクトリを指
              定できます。

       --to-file=FILE2
              FILE2 をすべてのオペランドと比較します。FILE2 はディレクトリを指
              定できます。

       --horizon-lines=NUM
              共通の接頭辞と接尾辞の NUM 行を保存します。

       -d  --minimal
              より小さい変更を見つけるように尽力します。

       --speed-large-files
              大きいファイルで小さな変更がまき散らされていると仮定します。

       -v  --version
              バージョン情報を出力します。

       --help このヘルプを出力します。

       FILES は `FILE1 FILE2' または `DIR1 DIR2' または `DIR FILE...' または
       `FILE... DIR' です。--from-file または --to-file が与えられるなら、
       FILES の制限はありません。FILE が `-' であるなら、標準入力を読み込みま
       す。終了ステータスは、入力が同じであるなら 0、異なっていれば 1、問題が
       あるなら 2 です。

作者
       Paul Eggert, Mike Haertel, David Hayes, Richard Stallman と Len Tower
       によって書かれました。

バグ報告
       バグは <bug-gnu-utils@gnu.org> に報告してください。

COPYRIGHT
       Copyright (C) 2004 Free Software Foundation, Inc.
       This is free software; see the source for copying conditions.  There is
       NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR
       PURPOSE.

関連項目
       diff のための完全な文書は Texinfo マニュアルとして保守されています。
       infodiff プログラムが適切に利用者のサイトにインストールされているな
       ら、コマンド

              info diff

       は、完全なマニュアルにアクセスできるはずです。訳注: 日本語のマニュアル
       のみ、info diff を翻訳したものを diff.info(1) として提供しています。



diffutils 2.8.7                   April 2004                           DIFF(1)

Table of Contents

FreeBSD マニュアル検索