FreeBSD 日本語マニュアル検索 (jman/japropos/jwhatis)


日本語 man コマンド類 (ja-man-1.1j_5) と日本語 man ドキュメント (ja-man-doc-5.4 (5.4-RELEASE 用) など) をインストールすると、以下のような man コマンド閲覧、キーワード検索が コンソールからできるようになります。

4.11-RELEASE-K, 5.4-RELEASE-K, 5.5-RELEASE-K, 6.0-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.2-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K は、 プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの) ですが、 より多くの翻訳したファイルが含まれています。 (5.4-RELEASE-K から 6.4-RELEASE-K, 7.0-RELEASE-K から 7.4-RELEASE-K, 8.0-RELEASE-K から 8.4-RELEASE-K, 9.0-RELEASE-K から 9.3-RELEASE-K, 10.0-RELEASE-K から 10.3-RELEASE-K, 11.0-RELEASE-K から 11.2-RELEASE-K, 12.0-RELEASE-K は、全翻訳済み)

9.3-STABLE-K, 10.3-STABLE-K, 11.1-STABLE-K, 12.0-CURRENT-K は現在、作成中で日々更新されています。



検索コマンド: man apropos whatis
コマンド/キーワード:
日本語マニュアル RELEASE :
セクション:
Table of Contents
名称 | 書式 | 解説 | 終了ステータス | 関連項目 | 規格 | 歴史
CMP(1)                  FreeBSD 一般コマンドマニュアル                  CMP(1)

名称
     cmp -- 2 つのファイルを比較する

書式
     cmp [-l | -s | -x] [-hz] file1 file2 [skip1 [skip2]]

解説
     cmp ユーティリティは、あらゆるタイプの 2 つのファイルを比較し、結果を標準
     出力に書き込みます。デフォルトで、cmp は、ファイルが同じであるなら、何も
     表示しません。それらが異なっているなら、最初の違いが生じたバイトと行番号
     が報告されます。

     バイトと行は、1 から始まるように番号付けられています。

     次のオプションが利用可能です:

     -h      シンボリックリンクをたどらりません。

     -l      違いごとに、バイト番号 (10 進数) と異なるバイト値 (8 進数) を印刷
             します。

     -s      異なるファイルに対して何も印刷 (表示) しません。終了ステータスの
             み返します。

     -x      -l と似ていますが、ファイルの最初のバイトに対するインデックスとし
             て 0 を使用して、16 進数で印刷 (表示) します。

     -z      通常ファイルに対して、ファイルのサイズを最初に比較し、それらが等
             しくないなら、比較に失敗します。

     オプションの引数 skip1skip2 は、それぞれ file1file2 の始めから比
     較が始まる、バイトのオフセットです。オフセットは、デフォルトで 10 進数で
     すが、その前に先導する ``0x'' または ``0'' を付けることによって、16 進数
     または 8 進数の値として表現されます。

終了ステータス
     cmp ユーティリティは、次の値の 1 つで終了します:

     0     ファイルは、同一です。

     1     ファイルは、異なります。これは、1 つのファイルが他のファイルの最初
           の部分と同一である場合を含んでいます。後者の場合に、-s オプションが
           指定されていないなら、cmp は、(何らかの違いが見つかる前に) 短いファ
           イルの EOF に到達したことを標準エラーに書き込みます。

     >1    エラーが起こりました。

関連項目
     diff(1), diff3(1)

規格
     cmp は、IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換のはずです。-h, -x-z オプ
     ションは、標準の拡張です。

歴史
     cmp コマンドは、Version 1 AT&T UNIX で登場しました。

FreeBSD 11.2                   November 18, 2013                  FreeBSD 11.2

Table of Contents

FreeBSD マニュアル検索